恋愛バラエティ

テラスハウス東京38話ネタバレ感想!花が快にガチギレ号泣のコスチューム事件!

2020年3月31日配信のテラスハウス東京38話あらすじネタバレと感想・未公開映像を紹介しています。
キスを迫りまくったりセクハラ発言が目立つ社長、そして快への気持ちが離れていった花はどうなるのでしょう?
テラスハウス東京の38話「Case of The Costume Incident(コスチューム事件)」の内容を見ていきたいと思います!

【おすすめ関連記事】

< 前回次回 >

テラスハウス東京2019-2020の38話ネタバレあらすじ感想


『テラスハウス東京2019-2020』38話の「Case of The Costume Incident(コスチューム事件)」のあらすじネタバレと感想です。
(※ここから先はネタバレが含まれますので、もし苦手な方はご注意ください。)
 
まず、38話現在のテラスハウスメンバーの恋愛相関図は、こんな関係です。

 

花がビビに「快に冷めた…」と報告

 
社長&ゆめ、快&花の京都Wデートの事を花と夢にビビが質問します。
そしてその時の快の行動を愚痴りに愚痴っている二人を見て笑いが止まりませんでした。
そこで一番笑ってしまったのが旅行中ほぼほぼお金を出していた俊幸社長に対して全くお金を出す素振りを見せなかった快。実際快が出したのはプリクラの200円だけ。
そんな快を見て花は『もう完全に冷めた』『200円しか出してないのに女子の入った後の風呂に入れると思うな』と発言。思わず声を出して笑ってしまいました(笑)。
完全に花は快への恋愛感情が冷めてしまいます

花が快にイライラ・・・

 
リビングには快とシオンがソファに座っていました。
志遠は、快に旅行の感想を聞きます。(社長は不在。)
そして快は『デート楽しかった』『花の気持ちがわかった。』などと発言します。
 
そこに、二階から女子メンバーが降りてきて志遠にお土産をプレゼントしました。
気になったのが夢は志遠にリップをプレゼントしていた事です(もしかして…笑)。
でもなぜか快だけお土産はない様子。
そして、そこから快の発言に対して花がどんどんイラついてる表情をします。
 
快が京都旅行の帰りも社長にお金を出してもらったこと。
それを「社長は優しい。」だけで片付けているところに怒りはどんどん溜まっていきます。
 
今にもブチギレてプロレス技を繰り出しそうな花。
ですが私的には快の勘違いっぷりとキョトンとした顔を見て、なぜか花に快を投げて欲しいと思ってしまいました(笑)。
イライラする場面が多く、早くも社長が不足してしまっています…

見かねたビビが快と口論に

 
朝、一人でパソコン作業をしている快。
そこにビビがやってきてビビは誰もいない事を確認すると快と二人で話を始めます。
なんの話するんだろう?と思いましたが、まさかの京都旅行での快の事をビビが指摘したのです。
 

そこからバチバチに喧嘩になる二人。
快は『なんで花が言わないんだ』『お金のないのは絶対に自分が悪い』『社長には感謝している』などと返します。
花本人ではなく、ビビが言ってきた事に対して快にも苛立ちが見えました。
 
険悪なムードになってしまう二人。
空気が一気に張り詰めますが、花が快の事を好きじゃないとわかった快の行動が見直されればいいなと思いました。
(個人的には第三者のビビが言うのはなんかちょっと違うかも・・・と思いましたが、ビビが言ってくれた事で快が勘違いしていた事にも気づくことができたし、どちらの味方にもなりたい気分です。早くにいにいが見たい…。)

スタジオメンバーの感想と意見

スタジオで花と快の問題に関しては「第三者のビビが快に言うのは違う」という意見でした。
そしてトリちゃんが、”何もしてないのにこういう時だけ言うのはどうなんだろう?”というニュアンスの発言していましたね。
所持金がゼロに近い快の事にも触れており、お前は甘い金がないならもっと努力しなさい的な事を発言していました。
 
確かに実際に旅行に行っていない第三者が口を挟むのはおかしいと思いますが、ビビも快のために良かれと思って言ってるんでしょう。

トラウマでまだステージに立てない快

 
快はイベントで舞台に立って英語でジョークを言い始めます。
昔のトラウマもあり言葉に詰まってしまいます。(心配そうに見つめる社長と志遠。)

結局快は自分の思ったようなパフォーマンスができないままステージからおります。

コスチュームが台無しで花号泣!

 
一方テラスハウスでは、号泣しながら夢のいる女子部屋にやってきた花。
なぜ泣いていたのかと言うと、プロレスのコスチュームを勝手に洗濯されて、尚且つ衣装として台無しになってしまっていたのでした。
(色褪せたり、サイズが変わってしまっていたり。)
何時間もデザイナーと話し合って作った10万円以上するコスチュームで、花にとってはすごく大事なものだったのです。

その犯人は快でした。しかも前にも女子と一緒に洗濯物を回していることも多々ある様子。
そこから花は溜まっていたストレスが爆発したのか、夢とまた快の愚痴をボロクソ言い出します。
「快はいいよ。絵描いてスタンダップ適当にやって、よくわからないバイトして京都旅行も200円しか払わないし、金持ちの親友に寄生して、のらりくらり過ごしてていいと思う。
こっちは骨の2〜3本くれてやるくらいの覚悟でやってるのに。
一生懸命やってるやつなめんなよ。
テラスハウスでも大音量で音楽聴いて、よくビビに怒られてるし。
旅行の時も全部社長に全部やってもらって、結局当日スタンダップがどうたらこうたら〜とか言い始めて、悩みなんてみんなあるんだよ!お前だけじゃねーんだよ!
人のことナメくさるにもほどがあるよ。」
花が言うには洗濯に入っていたら普通はどけると言います。
快は癖なのかなんとも思わずやっているのか分かりませんが、
もう快の悪い部分しか見えなくなってしまった花の快へ対する不満が止まりません。
 

花は『自分は骨の2〜3本くれてやる』など強い気持ちで生きてるのにそれに対して快は『小銭稼ぎ』『社長の金で旅行楽しんでる』などとすごくイライラしてるのが伝わってきます(汗)。

不満爆発!快に激怒の花が快に罵声

 
快が帰宅後、花と夢が二階から降りてきます。
スタンダップから帰ってきて笑っている快に対して、全く笑えず怒りのオーラがにじみ出ている花。
 
そして花は快にコスチュームの件を言いました。
快は『ごめん』と謝りますが、視聴者から見ても全く気持ちが伝わらない謝罪だったのです。(ひじついたり。)
 
そして遂に花はブチギレてしまいます。
ブチギレた花は快に対して不満を一気にぶつけます。するとなぜかビビが花の近くに行ってなぜか仕切り出します。
(花と快の問題なので、ビビが口を出すのはおかしいですが、何とか花をなだめて喧嘩を収めたいと思ったからでしょう。)

案の定ブチギレている花は、快を擁護するビビに対しても『今ビビの話は聞きたくない』などと発言します。
それでもしつこく自分の意見を言うビビに、花の怒りはヒートアップ!
「ドン!」と花は飲んでいるコップをテーブルに強く置き、ビビに対して牽制。きつめの言葉をかけると、ビビは泣き出します。
 
ひたすら黙り続ける快へ、花は不満を爆発させます。
「てめぇが喋れよ!
自分のことしか考えてない、家で人のこと笑顔にできないやつが、スタンダップで人のこと笑顔にできるわけねーじゃん!なめんのもいい加減にしろよ!
京都の時からずっと思ってたよ。何で黙ってんの?」
今にもプロレス技で快をボコボコにしそうな雰囲気でした。
(その頃ビビは泣きまくり二階に退散します。)
 
怒りを爆発させた花は快の近くにいき『ふざけた帽子を被ってんじゃねーよ!』と快の帽子を取って投げます。

 
そして快が花に触ろうとすると『さわんじゃねぇ!』と言い、舌打ちして二階に上がっていきます。(こ・・・怖かった。)
すると快は英語で『一体なんなんだ』と言って驚きます。(何故このタイミングで英語?)
 
花が怒っているのに対して、肘をついて気持ちのこもってない謝罪をした快。それを見て本当にムカつきました。流石に快の態度は見ているこっちも不快になってしまいます。
 
こーゆう空気の悪い時に社長がなんかやってくれればなぁ〜と期待していましたが花の怒りにメンバー全員が黙り込んでいました。
さすがの社長でも厳しかった様子でした。

夢と志遠が的確なアドバイス

 
花が怒ってしまい、夢は「快にどうするの?」と質問します。
すると快は弁償・謝ることしかできないと発言します。
夢はその発言を聞いて行動で示した方がいいとアドバイスします。そして快のだらしなさも同時に指摘します。
そして志遠も、”日頃の行いが積もり積もって起こった結果だから、日頃の生活の行動を変えていく誠意の方が大切”とアドバイスします。
 

そして夢も二階に上がっていき、快は今謝るべきか?明日謝るべきか?と社長に相談します。
快はこの後、花に対してどう対応していくのか?夢に言われた通り行動で示すのか?
ここで今回のテラスハウスは終わりとなりました…。
 
どういった行動をするのか気になります。
>次回テラスハウスに続く

テラスハウス東京38話の感想

 
テラスハウス東京38話を実際に見た感想です!
 
今回のテラハはヤバかったですね・・・。
快のだらしなさが生んだ花の怒りには、本当に同情してしまいました。
花は女子プロレスラーなのもあって、怒っている姿に迫力がありました。さすがヒールレスラー。
 
コスチューム事件がありましたがそれは花も悪い部分がありますが、常日頃の快への怒りが爆発してしまっているように見えました。
花も人に触ってほしくないものは、自己管理した方がいいですね。全てが快が悪いとは言えないと思います。
でも、花はつい最近まで好きだった人だからこそ、”もっとこうしてほしい、ああしてほしい”という気持ち(期待)が強くなり、満たされなくなった時に怒りに変わるのはわかります。

途中泣いて退散したビビもかわいそうでした。
快への告げ口とお説教は微妙でしたが、喧嘩の仲裁は良かれと思ってしているので、あんな言い方はかわいそう。(ビビを邪険に扱うスタジオの態度は、ちょっと違うと思いました。)
 
こういう時に、案外にいにい社長が頼りないのが残念でしたが、それに比べ夢は意外と頼もしく感じました。志遠も繊細で的を得てる!
 
快と同じく、だらしないキャラだったのが以前の住人の”流佳”ですが、彼は改善しようとする誠意が見られたので可愛がられました。スキルアップの模範となる兄貴的存在もいましたし。(ペッペや凌)
快にもそんな存在がいたら、今回の事件が起こらなかった可能性もあります。
 
夢の指摘を受けて、これから快はどう行動するんでしょうか。
次回のテラスハウス2019-2020最新話が早くも気になりすぎてソワソワします!
 
テラスハウスの今までの流れとして、りさこvs春花の喧嘩、花vsえみかの喧嘩など見てきましたが、最終的には和解したり仲良くなったりしていました。
なので花と快も時間をかけて仲直りできると信じたい・・・!
>春花vsりさこの伝説のバトル
>花vsえみかのキャットファイト
続きが本当に楽しみです♪
 

< 前回次回 >

 

【未公開映像】テラスハウス東京38話

「テラスハウス東京2019-2020」38話の未公開映像をご紹介していきます。
38話の未公開映像は2本アップされています!

【38th WEEK】夢が京都タワーをプレイバック「夢、こっち見てよ」

Wデートで京都タワーに社長と2人で登った夢。
その時の未公開シーンについて、夢が花・ビビに赤裸々に語っています。
京都タワーで夢にキスを迫りまくった社長は、エレベーターでリップを塗ってキスの準備を万全に整えていたと言います。
そして社長がキスをせまるシーンを、花と夢が再現します(笑)。
こんな風にネタにされているとは、社長は思ってもいないでしょうね。

【38th WEEK】志遠「他校の女子に見られるのが…」

テラスハウスの屋上で読書をしている志遠。そこに夢と社長がやってきます。
イケメンなのに恥ずかしがり屋の志遠は、サッカー部時代も女子にプレーを見られるのが嫌だったそう。
女子がいると気にしちゃうので、サッカーに集中したかったと言います。
そして、話の流れでリフティングを披露しますが、とても上手でした!
でも志遠は一時期身長が伸びすぎて、ボールの感覚が掴めなくなったことがあり、それがコンプレックスだったそう。
 
一方、夢は顔が丸いのがコンプレックス。
そして社長は顔が赤いのがコンプレックスだと語っていました。

< 前回次回 >

テラスハウス東京2019-2020第38ネタバレ感想まとめ!

今回の記事では、『テラスハウス東京2019-2020』38話のネタバレあらすじや実際に見た感想、未公開映像について解説させていただきました!

まとめ
  • 旅行からテラスハウスに戻った花と夢は、快への不満が大爆発!
  • 見かねたビビが快におせっかいをやき、口論に。
  • スタンダップでまだトラウマが消えない快。
  • 花のプロレスのコスチュームが、快に洗濯されて台無しに。
  • 花が号泣&大激怒!快に罵声をあびせまくる。
  • 夢と志遠が快に的確なアドバイスをした。
  • 今回、社長は活躍しなかった。
  • 次回テラスハウスに続く

このようなまとめになりました!

error: Content is protected !!